作成した表の値の個数を数えたい COUNT

▼概要

LibreOfficeやOpenOfficeで「この表に書かれてる値の個数が知りたい!」と言ったことはあるかと思います。ですがLibreOfficeやOpenOfficeにはそれを解決するための関数count()が用意されています。そこでcountを使って簡単に個数を求められる方法を伝えていきます。今回の例では都道府県一覧の個数を取得します。

▼LibreOffice/OpenOffice

合計値を表示させたいセルを選択 → =COUNT( と入力 → 合計したい範囲を選ぶ → ENTERを押して完了。
画像はLbreOfficeのものですがOpenOfficeも同じ操作になります。

▼値の個数の合計値を表示させたいセルを選択します。
libre_countnum1
▼=「COUNT(」と入力します。
libre_countnum2
▼合計したい範囲を選択します。マウスで選択する場合は開始位置で左クリックをおしっぱにして終了位置で左クリックを離します。
キーボードで行う場合は合計したいセルの端の位置にカーソルを移動させShiftキーを押しながら矢印キーを押して移動すると複数選択できます。
libre_countnum3
▼選択後はENTERキーを押すと完成です。=COUNT(セルの範囲) が完成した式になります。
libre_countnum4
 

 

LibreOffice version 4.1.0.4
OpenOffice 3.4.1
短縮URL http://eol.nagoring.com/?p=125