編集」カテゴリーアーカイブ

電話番号のハイフンを一括で無くしたい

▼概要

LibreOfficeやOpenOfficeで電話番号のリストを記述するときがあると思います。ですが都合によっては電話番号の書式を変更したい場合があります。例えば、「電話番号のハイフンを無くしたい!090-1111-2222を09011112222にしたい!」と言ったことはあるかと思います。この記事ではハイフンありの電話番号をハイフン無しの電話番号に一括変換する方法を伝えていきます。

▼LibreOffice/OpenOffice

セルを選択 → 右クリック → セルの書式設定 → 数タブのテキストを選択してOK → 電話番号が選択された状態なのでそのままメニューの編集 → 検索と置換 → 検索する文字列にハイフン、置換後の文字列は空 → すべて置換で完了です。
画像はLbreOfficeのものですがOpenOfficeも同じ操作になります。

▼電話番号の一覧です。
libre_remove_hyphen1

▼電話番号のセルを複数選択します。
libre_remove_hyphen2

▼右クリック押し、セルの書式設定を選択します。メニューの書式のセルでも大丈夫です。
libre_remove_hyphen2a

▼数タブのカテゴリーテキストを選択してOKを押します。
libre_remove_hyphen2b

▼ここまで上記の手順通りなら電話番号のセルが複数選択された状態になっていると思います。なっていなかったら選択して下さい。
その状態で編集 → 検索と置換を選択します。
※セルの複数選択を行わなくても置換は行えますが、シート丸ごと変換してしまうので電話番号以外でハイフンを使用しているとそのハイフンが消えてしまいます。気づかないでそのまま運用していくとデータがおかしい状態になってしまうので気をつけましょう。
libre_remove_hyphen3

▼検索する文字列にハイフン、置換後の文字列は空を入力してすべて置換を押します。
libre_remove_hyphen4

▼完了です。無事に電話番号からハイフンが消えました。
libre_remove_hyphen5


※基本的にMicrosoft Excelも同様の動作で行うことが出来ます。

 

 

Microsoft Excel 2000
LibreOffice version 4.1.0.4
OpenOffice 3.4.1
短縮URL http://eol.nagoring.com/?p=181

横に並んだデータを縦にしたい。縦に並んだデータを横にしたい。

▼概要

LibreOfficeやOpenOfficeで「横に並んだデータを縦にしたい!」と言ったことはあるかと思います。この記事では行や列を変更して表示する方法を伝えていきます。

▼LibreOffice/OpenOffice

変更したいデータ群を選択する → コピーをする → 貼り付けたいセルを選択 → 右クリックを押して形式を選択して貼り付けを押す(編集→形式を選択して貼り付けでも同じ動作になる) → 行と列の入れ替えにチェックを入れてOKで完了です。
画像はLbreOfficeのものですがOpenOfficeも同じ操作になります。

▼横に並んだデータを縦にします。これが初期のデータです。
libre-chage-row-col1

▼データを全て選択してコピーを行います。
libre-chage-row-col2
▼貼り付けたい場所にカーソルを合わせます。
libre-chage-row-col3
▼右クリックをおして形式を選択して貼り付けを選びます。
libre-chage-row-col4

▼行と列の入れ替えにチェックを入れます。
libre-chage-row-col5
▼列を行に入れ替えることが出来ました。反対も可能です。
libre-chage-row-col6


※基本的にMicrosoft Excelも同様の動作で行うことが出来ます。

 

 

Microsoft Excel 2000
LibreOffice version 4.1.0.4
OpenOffice 3.4.1
短縮URL http://eol.nagoring.com/?p=103

合計値の求め方

▼概要

LibreOfficeやOpenOfficeではエクセル同様に合計値を求める方法があります。「2行目から6行目までの合計値を求めたい!」と言ったことはあるかと思います。この記事では値の合計を求める方法を伝えていきます。

▼LibreOffice/OpenOffice

合計値を表示させたいセルを選択 → =SUM( と入力 → 合計したい範囲を選ぶ → ENTERを押して完了。
画像はLbreOfficeのものですがOpenOfficeも同じ操作になります。

▼合計値を表示させたいセルを選択します。
libre_sum1

▼=「SUM(」と入力します。
libre_sum2

▼合計したい範囲を選択します。マウスで選択する場合は開始位置で左クリックをおしっぱにして終了位置で左クリックを離します。
キーボードで行う場合は合計したいセルの端の位置にカーソルを移動させShiftキーを押しながら矢印キーを押して移動すると複数選択できます。
libre_sum3

▼選択後はENTERキーを押すと完成です。=SUM(D2:d6) が完成した式になります。
libre_sum4

 

LibreOffice version 4.1.0.4
OpenOffice 3.4.1
短縮URL http://eol.nagoring.com/?p=78